サイト・トップ
ガスの科学目次
www.pupukids.com/jp/gas/

ガスの科学・ブログ
55 (2018/2/19) 実在気体の科学(4回目)気体と液体、その他の相
  (2018/2/17) ガスの科学の年表(できごと編)
54 (2018/2/17) カラム(6)誤ったブラウン運動の説明
53 (2018/2/14) 分子の発見
52

(2018/1/22)

空気分離(3)深冷空気分離 その3
51

(2018/1/18)

空気分離(3)深冷空気分離 その2
50

(2018/1/16)

空気分離(3)深冷空気分離 その1
49

(2018/1/16)

空気分離(2)空気を分離する方法
48

(2018/1/15)

実在気体の科学(3回目)状態方程式 その2
47

(2018/1/11)

空気分離(1)酸素の製造 その2
46

(2018/1/11)

空気分離(1)酸素の製造 その1
45

(2018/1/4)

産業ガスと純ガス(2)露点と水分量
44

(2017/12/30)

産業ガスと純ガス(1)純ガス
43

(2017/12/30)

カラム(5)ケルヴィンとレイリー
42

(2017/12/30)

希ガスの科学(5)ヘリウムの資源と製造 その2
41

(2017/12/30)

希ガスの科学(5)ヘリウムの資源と製造
40

(2017/12/30)

希ガスの科学(4)原子核の崩壊と希ガスの生成 その2
39

(2017/12/30)

希ガスの科学(4)原子核の崩壊と希ガスの生成
38

(2017/12/29)

希ガスの科学(3)ヘリウムの発見

37

(2017/12/26)

産業ガス
36

(2017/12/26)

燃料ガスと産業ガス
35

(2017/12/25)

希ガスの科学(2) アルゴンの起源
34

(2017/12/21)

希ガスの科学(1) アルゴンの発見
33

(2017/12/5)

カラム(4)van der Waalsの読み方
32

(2017/11/26)

エネルギーの発明(3)エネルギーを表現する関数
31

(2017/12/1)

実在気体の科学(3)状態方程式
30

(2017/11/26)

エネルギーの発明(2)解析力学
29

(2017/11/26)

エネルギーの発明(1)活力論争
28

(2017/11/21)

実在気体の科学(2)ジュール・トムソン効果
27

(2017/11/20)

実在気体の科学(1)気体の液化、マイケル・ファラデー
26

(2017/11/19)

理想気体の科学(3)大気と空気D酸素の資源量
25

(2017/11/18)

理想気体の科学(3)大気と空気C空気の歴史
24

(2017/11/17)

理想気体の科学(3)大気と空気B空気の成分
23

(2017/11/16)

理想気体の科学(3)大気と空気A大気の構造
22

(2017/11/14)

理想気体の科学(3)大気と空気@酸素の発見
21

(2017/11/14)

カラム(4)元素、原子と同位体、素粒子と複合粒子
20

(2017/11/13)

カラム(3)組成、濃度、分率、密度、純度
19

(2017/11/7)

カラム(2)ガスの計量単位 Nm3
18

(2017/11/5)

カラム(1)アヴォガドロ定数
17

(2017/10/31)

理想気体の科学(2)アヴォガドロの法則
16

(2017/10/31)

理想気体の科学(1)ドルトンの法則
15

(2017/10/30)

シャルルの法則(5)温度(その3)
14

(2017/10/29)

シャルルの法則(5)温度(その2)
13

(2017/10/28)

シャルルの法則(5)温度(その1)
12

(2017/10/19)

シャルルの法則(4)空気の組成はどこでも同じ
11

(2017/10/19)

シャルルの法則(3)気球と空気の研究
10

(2017/10/19)

シャルルの法則(2)生活実感としての理想気体の法則
09

(2017/10/18)

シャルルの法則(1)シャルルとゲイ=リュサック
08

(2017/10/15)

ボイルの法則(7)ニュートン、最後の錬金術師
07

(2017/10/10)

ボイルの法則(6)王立協会、現存する最古の学会
06

(2017/10/10)

ボイルの法則(5)ロバート・フック、17世紀の万能人
05
(2017/10/8) ボイルの法則(4)ロバート・ボイル、最初の化学者
04
(2017/10/2) ボイルの法則(3)ボイルの法則の発見
03
(2017/10/1) ボイルの法則(2)マクデブルクの半球
02
(2017/9/29) ボイルの法則(1)真空嫌悪説
01
(2017/9/25) 理想気体「ボイル・シャルルの法則」
00 (2017/9/24) まえがきや、目的や、目次や、ページの体裁は、そのうち記事がたまってから考えよう。 とにかく何か書き始めてみようと思う。
     

ガスの科学・目次
第0章 まえがき  
  動機と目的 その1    
               
第1章 ガスビジネス
  1−1 燃料ガスと産業ガス
1812
ロンドンでガス灯への燃料ガス供給開始
  1−2 産業ガス
1884
最初の酸素会社の設立
  1−3 産業ガスと純ガス    
    (1)純ガス    
    (2)露点と水分量    
      @露点と沸点    
      A水分量を表す尺度、露点    
  1−4 空気分離    
    (1)酸素の製造    
      @化学反応による酸素の製造    
      Aブリン・プロセス    
      B分解反応と分離    
    (2)空気を分離する方法    
    (3)深冷空気分離    
      @空気分離装置と空気分離器    
      A深冷空気分離の歴史    
      B蒸留分離と気液平衡    
第2章 ガスの物理
  2−1 理想気体の科学
 
    2−1−1 理想気体「ボイル・シャルルの法則」
    2−1−2 ボイルの法則
 
      (1)真空嫌悪説
17世紀
スコラ哲学
      (2)マクデブルクの半球
1650
ゲーリケの実験
      (3)ボイルの法則の発見
1662
「ボイルの法則」
      (4)ロバート・ボイル最初の化学者
1661
「懐疑的化学者」
      (5)ロバート・フック17世紀の万能人
1665
「ミクログラフィア」
      (6)王立協会、現存する最古の学会
1660
 
      (7)ニュートン最後の錬金術師
1687
「プリンキピア」
      (8)圧力とゲージ圧力
 
    2−1−2 シャルルの法則
 
      (1)シャルルとゲイ=リュサック
1787
「シャルルの法則」
       
1802
ゲイ=リュサックによる定式化
      (2)生活実感としての理想気体の法則
 
      (3)気球と空気の研究 1783 ゲイ=リュサックの熱気球、シャルルのガス気球
      (4)空気の組成はどこでも同じ 1805 ゲイ=リュサック、フンボルト
      (5)温度    
        @「温度」    
        A「熱」    
        B「絶対温度」という物理量
1802
ゲイ=リュサックによる科学温度の発明
        C科学的温度と寒暖の尺度    
        D寒暖の尺度の注意点    
        E温度計(thermometer)の歴史    
        F日本の温度、寒暖計と温度計
1940
寒暖計から温度計へ
        Gファーレンハイト度(degree Fahrenheit)
1724
ガブリエル・ファーレンハイト
        Hセルシウス度(degree Celsius)
1742
アンデルス・セルシウス
        I温度目盛のまとめ    
        J絶対温度と熱力学温度
1861

絶対温度

         
1967
熱力学温度 ケルビン
        K国際温度目盛    
        LITS-90 The International Temperature Scale of 1990
1990
 
        M工業装置における実用的な温度の測定  
    2−1−3 理想気体の科学
 
      (1)ドルトンの法則
1801
ジョン・ドルトン
      (2)アヴォガドロの法則
1811
アメデオ・アヴォガドロ
        カラム:アヴォガドロ定数
 
        カラム:ガスの計量単位 Nm3
 
        カラム:組成、濃度、分率、密度、純度
        カラム:元素、原子と同位体、素粒子と複合粒子
      (3)大気と空気
 
        @酸素の発見
1775
プリーストリ
        A大気の構造
 
        B空気の成分
 
        C空気の歴史
 
        D酸素の資源量
 
  2−2 実在気体の科学
 
    2−2−1 気体の液化
 
      (1)マイケル・ファラデー
1832
塩素ガスの液化
      (2)空気の液化    
    2−2−2 ジュール=トムソン効果
1861
ジュールとWトムソン
    2−2−3 状態方程式
 
      (1)臨界点の発見
1869
トーマス・アンドリューズ
      (2)ファン・デル・ワールス
1873
実在気体の状態方程式
        カラム:van der Waalsの読み方    
      (3)ビリアル展開
1901
ヘイケ・カメルリング・オネス
      (4)フガシティー
1901
ジョサイア・ギブズ
ギルバート・ルイス
    2-2-4 気体と液体、その他の相    
  2−3 エネルギーの発明
 
    2−3−1 活力論争
17世紀
デカルト派とライプニッツ派
    2−3−2 解析力学
1788
ラグランジアン
     
1807
トマス・ヤングによるエネルギーの発明
    2−3−3 エネルギーを表現する関数
1873
ギブスの自由エネルギー
     
1882
ヘルムホルツの自由エネルギー
     
1909
オネスの自由エネルギー(エンタルピー)
  2−4 希ガスの科学
 
    2−4−1 希ガス 序論    
    2−4−2 アルゴンの発見
1895
レイリーとラムゼー
     

(1)「希ガス」という名称

   
     

(2)参考文献

   
      (3)キャヴェンディッシュ    
      (4)レイリー(ジョン・ウィリアム・ストラット)
      (5)レイリーとウィリアム・ラムゼー    
      (6)常識破りのアルゴン    
      (7)ノーベル物理学賞と化学賞 1904 アルゴン、レイリー、ラムゼー
      (8)希ガス化合物    
      (9)アルゴンの発見と空気分離    
      (10)5人のウィリアム    
    2−4−3 アルゴンの起源    
      (1)地球創世記から存在する元素    
      (2)創世記のものではない地球の希ガス  
      (3)異常に多い、空気中のアルゴン    
      (4)異常に重い地球のアルゴン    
      (5)放射性のカリウム    
    2−4−4 ヘリウムの発見    
      (1)太陽で発見されたヘリウム 1868 ノーマン・ロッキャー
      (2)「仮想元素」ヘリウム    
      (3)鉱石から発見されたヘリウム
1895
ラムゼー
      (4)空気中にもあったヘリウム 1895 ハインリヒ・カイザー
      (5)新元素ヘリウムと希ガスの発見    
      (6)ロッキャーのヘリウム発見とラムゼーのヘリウム発見
    2−4−5 原子核の崩壊と希ガスの生成    
      (1)原子核の崩壊モード    
      (2)ベータ崩壊(β崩壊)とニュートリノ  
      (3)ベータ崩壊(β崩壊)とPET診断、酸素の同位体分離
      (4)ベータ崩壊EC変換)とアルゴンの生成  
      (5)ベータ崩壊のまとめ    
      (6)アルファ崩壊とヘリウムの生成    
      (7)地球の年齢推定と放射性物質    
      (8)ウラン    
        カラム:ケルヴィンとレイリー  
    2−4−6 ヘリウムの資源と製造    
      (1)ヘリウムの資源    
      (2)ヘリウムの製造    
      (3)ヘリウムの貯蔵・輸送    
      (4)ヘリウムの液化    
      (5)液体ヘリウムの特異な性質と超低温技術  
    2−4−7 その他の希ガス  
       
第3章 20世紀の科学(現代物理学)
 
  3−1 分子の発見
1905
アインシュタイン、ペラン
    カラム:誤ったブラウン運動の説明    
  3−2 前期量子力学
 
    (1)エネルギー量子
1900
マックス・プランク
    (2)光量子
1905
アインシュタイン
    (3)物質波(波)
ド・ブロイ
    (4)波動方程式
  シュレーディンガー
    (5)不確定性原理
ハイゼンベルク
  3−3 特殊相対性理論
 
    (1)ガリレイ変換
 
    (2)ローレンツ変換
 
    (3)ミンコフスキー時空    
  3−4 場の量子論
 
    (1)相対論的量子力学
ディラック方程式
    (2)反粒子の科学と産業ガス
 
  3−5 量子化学と希ガスの液化
  ロンドン分散力
  3−6 量子電磁気学
 
  3−7 量子色力学
 
  3−8 一般相対性理論(入門の入門)
 
   
 
第4章 物質の階層
 
  4−1 階層と観測技術
 
  4−2 メゾスコピック
  ナノテク、ナノサイエンス
  4−3 マクロコピック
 
    科学的宇宙論    
  4−4 ミクロスコピック
 
    素粒子物理学    
  4−5 時間の階層
 
    時間の矢と熱力学第二法則    
               
第5章 ガスの化学、ガスの工学と分離技術    
  5−1 カスケード理論と棚段塔    
  5−2 充填塔と熱と物質の同時移動    
  5−3 深冷空気分離とダブルカラム    
       
       
資料    
ガスの科学の年表(できごと編)